ゐざさ >TOP >サイトマップ >お問い合せ
ゐざさの種類 ゐざさのお寿司 ゐざさと健康 奈良市押熊町平城山店
奈良市春日野町東大寺店
柿の葉すし・ゐざさ寿司の味わい方 ご注文は オンラインショップコンセプト 会社情報 ゐざさブランド 店舗情報

ゐざさブランド

ゐざさブランド
ゐざさ…その商品の魅力
ゐざさの歴史
ゐざさの素材
ゐざさの四季
おすしの歴史
ゐざさのお寿司
季節の限定商品
手まり寿司
雛祭りのお寿司
春のおとずれ
桜すし
冷凍商品
冷凍蒸しずし・ちまき
詰合せ商品
ゐざさ寿司
柿の葉すし
棒鮨・桜寿司
ギフト好適品
ご注文はこちらへ

歴史

大地から噴き上がるような幻想的な霧と、古くから伝わる神秘的な物語の数々。
ゐざさの歴史は、聖霊なる地・大台ケ原を中心に培われてきました。

550年を越え今なお続く後亀山天皇の玄孫・自天王と忠義王を偲ぶ朝拝式への参拝を許された由緒ある家に、明治32年、生を受けた「ゐざさ」中谷本舗の創業者・中谷勘市郎、生まれ育った川上村柏木は、紀州と大和の文化を分散する伯母峰峠の北西に位置します。

大正時代、林業が盛栄を極め、吉野地方がかつてないほどの脚光を浴びる時代を迎えます。伯母峰峠の向こう、隣村の上北山村はその中心となって県内外から働き手が集まり、宝石店、カフェ、映画館などの施設も増え続けました。それに着目した勘市郎は地域で唯一の米穀販売権を手に、伯母峰峠越えを心に決めます。一族の反対を押し切って妻キクエ共々上北山村へ越したのは、大正十年のこと。この峠越えこそが、中谷本舗誕生の瞬間です。そのとき、修験道としても知られる伯母峰峠で、勘市郎はお遍路さんの山野袋を拾いました。山野袋を拾うと福が授かると伝えられており、当時の山野袋は、今なお中谷家の家宝として大切に保管されています。上北山村での勘市郎一家は、中谷本舗の草分けである米穀店を営むと共に、キクエは柿の葉すしを商品化しました。林業が盛んな間は村の人口も多く、米の販売量も相当なものでした。しかし戦後、高度経済成長と反比例するかのように、林業は衰退の一途を辿り始め、上北山村も過疎化の時代を迎えます。奈良県北部は言わずと知れた行政の中枢。対して大台ケ原を中心とする南部は奈良県の観光の中心地にしよう。時の県知事も吉野地方の観光開発に力を注ぎ、昭和三六年には大台ケ原ドライブウェイが開通しました。創業者から事業を受け継いだ二代目・中谷宏は、ドライブウェイの中ほどにあたる見晴らしの良い小高い土地に、観光客向けの茶屋「経ヶ峰茶屋」を構えました。茶屋の少し山手には、慶長一三年、十年間の修行の末に現地で入寂した天台宗の僧侶・丹誠上人を奉る「経塚」という小さな石塔が立っています。これは、厳しい修行を積んだ上人の徳を慕って、麓の村人たちが経塔を作って供養したものです。

当時、これといった名産品のなかったこの地方で、茶屋を営むについては何か名物を作らねばと使命感を背負い、宏と妻のカツエは、以前から母キクエが得意とする寿司を供することを考案しました。一つは、柿の葉すし。もう一つ、大台ケ原独自のものをと考え出されたのが笹寿司で、今のゐざさ寿司の原形です。茶屋のあった大台ケ原には、たくさんの笹が自生しています。柿の葉すしの技や味を活かした笹で包んだ寿司はいかがなものか。それならば、「吉野の鮭」つまり塩鮭を使おうと、彩りも鮮やかな鮭寿司が出来上がりました。なぜ山里の吉野で鮭が有名なのかと申しますと、林業が盛んだった吉野へは、交流のあった全国各地の同業者から、保存のきく高価な魚として新巻鮭を塩漬けにした塩鮭が贈られてきたのです。そのため家庭料理の寿司としても、家庭によっては鮭を使うところもありました。茶屋で笹寿司(現ゐざざ寿司)を並べてお茶と共にお客さまに出したところ、ひな寿司のように美しく縁起も良いと、結婚式などの縁起物にも供されるようになりました。

実兄が奈良県内の文化財を管理・保護する職に就いていたため、カツエはその手伝いで頻繁にお寺やお宮へ出入りしていました。そのなかに、世界遺産にも登録された東大寺大仏殿の昭和大修理を指揮したことでも知られる、東大寺管長・清水公照猊下との出会いがありました。幾度となく言葉を交わしているうち、公照猊下が山あいの茶屋へお越しくださることになり、これがきっかけで、公照猊下より中谷本舗の屋号として「ゐざさ」の命名を承りました。
遥か昔、地の人々を恐れさせた背中に笹の生えた大イノシシ「猪笹王(いざさおう)」の伝説が残る地であることにちなみ、「いざさ」という呼び名を頂戴しました。そして伝説では「イノシシ」を意味する「い」を「為」を意味する「ゐ」に置き換え、数々のありがたい出会いに恵まれた私どもの幸運をより多くの方々にお返しできるよう願いを込めて、神秘と霊力が満ちる大台ケ原の笹に包んだ名物の寿司が「ゐざさ寿司」と名付けられたのです。その後は日本国建国の始祖、神武天皇即位の足跡(大和・大台ケ原から橿原)を辿った寿司として、橿原神宮へも毎年、二月十一日・建国記念の日や各大祭にも献上させていただいております。

中谷本舗の歴史を振り返ると、かつて勘市郎が越えた伯母峰峠が象徴するように、数々の出会いと幸運、苦難という峠を越えてきたことが今日の私どもの礎であると考えます。「ゐざさ」の屋号には、“伝説や人との出会いを大切にする心と、新たな峠越えの勇気を次世代へと伝えてゆきたい”そんな、私どもの思いが込められています。

素材>>

ページの先頭へ
〒631-0011 奈良県奈良市押熊町2171-1 TEL:0742-48-5000 COPYRIGHT 2007 IZASA CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.